カテゴリ:雑記( 4 )

2010年10月21日、羽田空港はD滑走路(RWY05/23)の併用を開始し、それまで南よりの風が強い時、DYE(台場VOR)のR-300に乗ってやってくるVOR C Approachが廃止され、これに伴いRWY16Lへのランディングを見られなくなった。

c0285655_12375844.jpg
2010.07.25 - RWY16LへターンするJALの747-400D


しかし!

実は今(2016年7月19日現在)でもRWY16Lへの着陸が行われてるんです。


まずは、こちらのチャートをご覧ください。

c0285655_12431454.png

先述のとおり、VOR C Approachは廃止されましたが、今でもRWY16L(16R)へ計器進入(非精密進入ですが・・・)できるよう、VOR A Approachというものが設定されています。

MDAはランディングカテゴリーに関係なく760ftです。(あとでこれが重要になってきます)


話は前後しますが、今(2016年7月19日現在)でもRWY16Lへの着陸が行われています。但しある一定の条件が必要です。

1. C滑走路(RWY16L/34R)のみの運用であること
日中帯では基本的には4本の滑走路を使っているのであり得ません。ということは閉鎖のある夜間・早朝のみです。ではいつC滑走路1本運用になるのか。AIPやNOTAMを見ればわかるのですが、もう面倒くさいので結論から言っちゃいますと、毎週水曜日23:30~翌06:00毎週日曜日02:00~06:00です。ただし早めに他の滑走路の閉鎖が解けることもありますし、悪天候時は他の滑走路の閉鎖を見合わせることもあります。

2.南から南西の風が「強めに」吹いていること
弱い南風だと背風でもRWY34Rに降りることが多いです。では何ノット吹けばRWY16Lを使ってくれるのか、なんとも難しいのですが、経験上12~13ktぐらいかな?と思います。風向によっても左右されると思いますが。

3.そこそこ雲低高度が高いこと
さきほど書いたとおり、VOR A ApproachのMDAは760ftです。シーリングがそれよりも低いと進入したがらないでしょうね。また、あまりにも雲が低いときには、他の滑走路の閉鎖をやめ、開けることもあります。


以上です。

明るいときに撮りたいのであれば、日の出時刻の早い今がチャンスです。
あとは、天気がよく、南風が強めに吹いてくれることを祈りましょう。


追伸:某巨大SNSなんかでは、「チャーリーアプローチキターーーー!」なんていうのをいまだに見かけますが、VOR Cは過去のもの。ぜひこれを機会に覚えてもらいたいです。


正しく覚えよう委員会会長

[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-07-19 20:28 | 雑記
ときどきTwitterで「正しく覚えよう委員会」というものをツイートしてます。
これは、せっかくマニアになるんだったら、知ったかぶりっぽい中途半端な知識ではなく、どうせならプロに引けをとらない知識をつけていただきたいというコンセプトにやってるわけですが、なんたってTwitterで使用できる文字数は140字のみ。伝えたいことを伝えられないことがある。はい、そういうわけで、このたびBlogにも展開してみようと思ったわけです。
Blog版では、Twitterでは伝えられないもののほか、なるべく「写真撮影」に使えるものをご紹介できればなと思ってます。


それでは本題に入ります。
第1回は「羽田空港の方面別滑走路運用」についてです。
まずお断りですが、あくまでもこれは「『基本』運用」です。イレギュラーの場合や、夜間の運用(23:00~06:00)には当てはまりませんので、予めご了承ください。


撮影してて「○○行きはどっちの滑走路使うんだっけー?」ってなったことあると思います。
ご存知のとおり、羽田空港には4本もの滑走路がありますが、ただ単に適当に滑走路を選択しているわけではなく、大分して「北風運用」と「南風運用」により使用滑走路を定め、さらに出発(到着)方面別(使用するSID,STAR別)にさらに使用滑走路を決めているのです。

北風運用と南風運用は呼んで字のごとく、北風(概ね北西から東南東の風)のときに使用する運用と、南風(概ね南東から西の風)のときに使用する運用のことです。
離陸滑走路は、
北風運用時・・・RWY05、RWY34R
南風運用時・・・RWY16L、RWY16R
となっています。

続いて方面別のルールは、AIPという航空路誌(IDを取得すれば誰でも無料で閲覧できる電子航空路誌(eAIP / https://aisjapan.mlit.go.jp/)があります)に書かれていますが、今回の本題である部分を抜粋しました。

c0285655_04281428.jpg

この表で一目瞭然となるわけですが、出発する航空機がどのAirwayに乗って目的地へ向かうか、これで離陸滑走路が決まります。これをもっとわかりやすく説明すると、下記のとおりとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北海道・東北・新潟経由ヨーロッパ・北米・太平洋地域方面(Y11、V15)、北陸・中部(Y884)
北風運用 → RWY34R
南風運用 → RWY16L

山陰・韓国・北京など中国北部(Y18)
北風運用 → RWY34R or RWY05(*)
南風運用 → RWY16L

福岡・長崎・広島(Y20)
北風運用 → RWY05
南風運用 → RWY16L or RWY16R(*)

九州北部・上海など中国南部・神戸・松山・高松・岡山(Y28)、関西・大阪・徳島・南紀白浜・九州南部・沖縄・東南アジア(Y56)、八丈島・オーストラリア(MIURA)
北風運用 → RWY05
南風運用 → RWY16R
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気になるのは(*)の「Departure Runway will be assigned when Flight schedule is fixed.」の部分ですが、この説明については、大田区のホームページに載ってます。一応、スケジュールによって取り決めがあるようですが、今のところ、北風運用時のY18方面はRWY34R、南風運用時のY20方面はRWY16Lで全て運用されています。


以上、長くなりましたが、離陸滑走路の運用について、よろしければ参考にされてください。

[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-07-02 08:00 | 雑記

小型飛行機の墜落

まずは、今回の事故で犠牲になられました方々に御冥福をお祈り申し上げます。またお怪我をされた方々の一刻も早い回復をお祈りします。
 
今回の事故原因の調査、特定については、運輸安全委員会の報告を待つとして、いわゆる外野の方々が不適当な発言、特に目立つのが国会議員による、今回の事故とオスプレイを無用に掛け合わせるものも目立ちます。
 
そんな中、私が最も気になったのは、調布市長によるこの発言です。
 
「定期便以外の自家用機の飛行の自粛を、強く求めていく方針を明らかにしました。」
 
航空機の墜落事故は、与えるインパクトはかなり強く、今回も死亡者を出したように、人災も大きくなることはよくわかります。しかしながら、事故が発生すれば何でも自粛を訴えるこの短絡な浅い考え方はいかがなものかと思います。
 
前述のとおり、航空事故が与えるインパクトは強いですが、交通事故の頻度よりはるかに少ないことをまず頭においてほしいです。
 
そして、この市長に問いたいことはただひとつ。
 
大型トラックが住宅に突っ込み大炎上し死傷者を発生させてしまいました。では大型トラックの運行の自粛を訴えますか?
 
 
市長であれば、もう少し深いコメントを出してもらいたいですね。

[PR]
by kei_chang_2013 | 2015-07-26 23:59 | 雑記

飛行機に乗るということ

c0285655_20235390.jpg

大変ご無沙汰しておりました。
某巨大SNSや、つぶやくところに夢中になってまして、こちらを放置しておりました。。。


2月は関東地方の大雪のせいで大変疲れる日が多く、さらに慣れない夜勤や24時間勤務などがあったことから、体調のバランスも良くない日が続いてました。

そんな中ふと飛行機に乗りたくなり、先日宮崎まで飛んで来ました。


私が飛行機に乗るということ、それは心のリフレッシュ。


疲れたときだからこそ、飛行機に乗って旅に出るんです。

ちょっと贅沢ですけどね。


2014.02.22 - 空の上にて
写真・カメラ
[PR]
by kei_chang_2013 | 2014-02-27 20:29 | 雑記

kei chang's PHOTO LIFEへようこそ。ここは、飛行機を中心とした乗り物、空や街、そして食べ物を紹介するブログです。どうぞごゆっくりご覧ください。


by Kei Chang