カテゴリ:飛行機( 40 )

羽田空港航空祭2016

おとなり埼玉県の航空自衛隊入間基地では航空祭が行われていたようですが、羽田空港も負けてはいませんでしたよ!

c0285655_13320636.jpg
ロシア航空 RA-96019 Il-96-300


c0285655_13321402.jpg
ルフトハンザ D-ABYT B747-8


c0285655_13322158.jpg
ボンバルディア社 C-FFDO BD-500-1A11(CS300)


天気もよく、楽しい楽しい文化の日となりました。


鉄道・飛行機カメラ




[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-11-03 18:00 | 飛行機

KLMの747

突然飛び込んできたこのニュース。
 
KLMの747、日本路線での運航終了 9月3日、成田発便で
 
KLM861/862便も最近では777-300ERで運航される日が多くなってきていたので、そろそろかな?とは思ってましたが、こんなにもはやく日本の空からいなくなるとは思ってませんでした。
 
 
また1機、ジャンボを見られなくなります。
 
 
c0285655_16303804.jpg
2003年8月23日 PH-BFY B747-406(M)


c0285655_16304469.jpg

c0285655_16305507.jpg
2004年8月31日 PH-BFG B747-406


c0285655_16305834.jpg
2015年11月30日 PH-BFU B747-406(M)


c0285655_16310282.jpg
2016年8月15日 PH-BFP B747-406(M) "KLM asia"
 
 
それなりに撮ってきたKLMのジャンボだけど、心残りは現行塗装の747を撮れなかったことかな?
 
 
スキポールで撮っちゃおうか!
 
 
鉄道・飛行機カメラ

[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-08-31 17:00 | 飛行機
いつもは、定刻に対して早着することが多いカンタス25便。
今日は珍しく1時間遅延していた。
 
そもそも定刻に到着したって、6時半にオープンする羽田空港国内線の展望デッキからは撮影することができないし、昼間はオープンスポットでゆっくり寝て、夜出発するし、さすが夜行性のカンガルー。
 
c0285655_20241331.jpg

c0285655_20241794.jpg

この遅延が影響してか、いつもはサテライトスポットに入るカンタス25便だが、今回は本館の114番に入った。
これは行くしかない。
いつの間にか体は国際線ターミナル方面へ。

c0285655_20242130.jpg

トーイングにも間に合った。
こんなアップでカンタスのジャンボを撮れた。
 
 
実は、羽田空港でまともにカンタスを撮ったのは初めて。ただ遅延が生んだ偶然の産物なので手放しでは喜べないのが本心。
ま、難しい心境だけど、撮らせてくれてありがとう。
 
 
鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-08-25 20:30 | 飛行機

最後の夏

Cathay 543, wind 190 degrees 15knots, Runway 16R, Cleared for takeoff.

羽田空港国際線のサテライトターミナルから出発したジャンボは、L-10 TWYから滑走路に入る。Runway 16Rから離陸する場合、Runway 22との井桁運用を行っている影響で、Full LengthでのTakeoffを許されない。A滑走路は3000mあるにも関わらず、2440mしか使えないのだ。(2440mって中規模ローカル空港の滑走路よりも短いのよ)

少し難しい話になるが、気温が上がると空気密度が低くなり、その分エンジンに空気を取り入れられないことから性能が下がる。そして空気密度が低くなると揚力も生まれにくくなる。夏場は飛行機にとって辛いのだ。

そんな状況下であっても、エンジンを4つ積んで、大きな主翼を持ったジャンボジェットは力強く離陸する。

c0285655_18274320.jpg

キャセイのジャンボにとって、最後の夏になった。
豪快な離陸を展望デッキから見ることができるRunway 16R Departureはあと何回見られるのだろうか。

夏場は陽炎酷いし、羽田の背景って工場ばかりであんまりよくない。デッキからの撮影になると他機のブラストやAPUのせいでメラメラ喰らいやすい。でも、最後の夏だから、時間の許す限り、納得いく写真を撮れるまで、通い続けるよ。


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-08-05 18:38 | 飛行機
2016年7月15日、台北松山空港へ弾丸日帰りしてきたことは先日の記事でお伝えしたところですが、撮影の大半でお世話になった場所がここ「空軍一號景觀咖啡廳」です。
「空軍一號珈琲」や「空軍一號Coffee」なんて呼ばれてたりします。
今回はこの場所について、ご紹介しましょう。


まず行き方ですが、これが最初で最大の難関でした。
わたしたち一行は、松山駅からタクシーを利用して行こうと考え、運転手さんに行先を告げたのですがあまり一般の方には知られていないのかうまく伝わらず、住所を伝えやっと行くことができました。(というか、同行してくれた方が積極的に行先を説明してくれたので助かりました)

ちなみに住所はこちらです。
台北市濱江街866巷6號


c0285655_08191761.jpg

大通りから少し入った場所にある空軍一號Coffee。この門があるのですぐにわかります。
入るとまずは、右の建物で注文しましょう。愛想のよいマスターが手厚く歓迎してくれます。
(そういえば店内の写真撮り忘れた・・・)


c0285655_08191758.jpg

注文を終えると、デッキへ向かいます。
どうですか!この見晴らし!
以前はフェンスよりの黒い幕で覆われている部分にもデッキがあり、フェンスぎりぎりまで行けてたようですが、赫々然々な問題があったようで今は少し下がった位置までしか行くことができません。
いやいや、それでも十分でしょう。暑い中、熱い撮影をすることができました。


c0285655_08191835.jpg

ちなみにわたしたちは、台湾ビール(たしか100TWD)やTeaを注文しました。お冷はセルフサービスです。


c0285655_08191814.jpg

このお店の最大限にありがたいところ。それは脚立を貸してくれるんです!撮影目的で来たとわかったこの店のマスターは、アルバイトの(?)若い衆を連れて、脚立のセッティングをしてくれました。いやー、なんというホスピタリティ!



今回の滞在では暑いのと、RWY28運用だったので長居しませんでしたが、また日を改めてじっくりとここで撮影してみたいです。




[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-07-26 22:55 | 飛行機
ピーチの「弾丸スペシャル」という日帰り限定のプロモーション運賃を使って、台湾へ往復してきました。
現地時間の8:25に到着し、20:45に出発するという滞在時間約12時間のホントに弾丸旅行です。

なんか撮りたいもの・・・というのはとくに考えてなく、海外での撮影なんてほとんどしたことないし、日本では見られない飛行機を見られればと思って行ったのですが、そういえば遠東航空のMD-82がそろそろ引退なので、これだけは必ず撮りたいかな?と。

台北松山空港に到着すると、RWY28使用中。

あれ・・・

RWY10運用でしかイメージしていなかったので、ちょっと困りましたが・・・


まず空軍一號景觀咖啡廳という喫茶店に行ってみます。
まるで、伊丹のスカパーかそれよりも近くで、しかも台湾ビールを飲みながら、滑走路にいる飛行機を撮れるナイスなスポットです。

c0285655_18230045.jpg
台湾の有名な「台北101」をバックに、タッチダウンしたMD-82を。


その他一通り撮影して、RWY10エンドや青果市場へ行きましたが、RWY10ではどうしようもないので、ターミナルの展望デッキへ。

c0285655_18244523.jpg
色ガラスではありますが意外にも綺麗だったので、これまた台湾っぽい感じを収めることができました。


真夏の日帰り弾丸はなかなか疲れたので、今度は暑さがやわらぐ頃、また訪れたいと思います。


2016.07.15 - 台北松山空港にて
Nikon D750 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-07-16 21:30 | 飛行機

ベア・ドゥ北海道JET

c0285655_20462145.jpg

伊丹にてリペイントを行ってたJA602Aが、羽田にフェリーされてきたので撮りに行って来ました。
今回も可愛らしい塗装になってますね。

今回は陽炎(他機APUの排気かも?)を拾ってしまったので証拠程度ということで、またリベンジします。


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-07-14 20:49 | 飛行機

かわりゆく福岡空港

先日、ブルーインパルスを撮影するために福岡へ帰った際、間合いの時間を利用して福岡空港での撮影も楽しみました。
宝満尾のバス停横や、16エンドに行ったあと、久しぶりに通称「0番の丘」と呼ばれている場所に行きました。(ま、もうすでに0番スポットは存在しないので、現代風に言えば「1Lの丘」でしょうか?)

c0285655_17032529.jpg

福岡空港は、ターミナルビルの大改修の真っ只中で、制限区域内外あらゆるところで工事が行われています。
いまのうちに、今ある姿をできるだけ残しておこう。
ここで撮っていて、そう思いました。

私が幼少の頃、特に第1ターミナルをよく利用しました。
今でもあの雰囲気が好きだったりします。

私が知っている福岡空港がだんだん無くなっていってます。
今のうちに残しておこう。

カメラ


[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-06-28 18:00 | 飛行機
2016年6月25日と26日、福岡市の空にブルーインパルスが戻って来ました。
わたしは現在東京在住。しかし生まれも育ちもこの福岡市。自分が育った町の空をブルーインパルスが飛ぶと聞いては、5年3ヶ月前、残念ながら見ることができなかった分、今回は必ず見に行くという強い気持ちを持ってました。

当日を迎えるにあたって、その撮影場所については少し迷いましたね。でもテーマはもちろん「福岡らしさ」。私が生きている間にもう2度と見られないかもしれないシーンを、そして福岡の空を飛んだという証を収めなければならない。こう思ってました。

候補は
・ももち浜
・愛宕神社
・南公園の展望台
・油山
とあったわけですが、ふと思いついた場所がもうひとつ。

ここは、私の青春時代によく行ってた景色のいい場所。福岡市を一望できる場所。要は私の思い出がたくさん詰まってる思い出の場所なのです。
ここを思いついてから、予行、本番のいずれかは必ずここで撮ろうと思ってました。


まず25日の予行。
お天気が悪く、なんとかVMC(有視界飛行状態)を保てる状況。小雨も降る状態だったので、ヤフオクドーム近辺に行くことにしました。

c0285655_19473006.jpg
予想に反して人も少なく、このような写真を撮ることができました。
立ち位置もよく、デルタローパスではわたしの真上を通過していきました。


そして26日。
午前中は雲の多い天気でしたが、昼前から晴れ。しかし大陸からの微粒子のせいで若干ヘイジーなコンディション。
さて、結果は?

c0285655_19192994.jpg
下層はヘイジーでしたが、5000ft近くの高さで描いてくれた「さくら」は、ちょうど青空の部分で映えました。
でもね、ももち浜で撮られた写真を見てると、そっちに行っとけばよかったな!と正直思いましたよ(笑)

ま、これもいい思い出。
楽しい2日間でした。


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-06-26 19:56 | 飛行機
6月16日午後、ロシアの下院議員を乗せたイリューシン96(IL-96)が羽田に来日し、17日夜に日本を離れました。
ロシア製(正確にはソ連製?)の機体は、欧米の飛行機とはまた違った「味」がありますよね。

c0285655_22453038.jpg
c0285655_22453996.jpg
丸っこい胴体。
やけに長い垂直尾翼。
細いエンジン。
変わった形のウィングレット。

「味」がありますねー。


今回は夜出発ということでしたが、いつか昼間に出発のときは、34R上がりも撮ってみたいものです。


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-06-17 23:00 | 飛行機

kei chang's PHOTO LIFEへようこそ。ここは、飛行機を中心とした乗り物、空や街、そして食べ物を紹介するブログです。どうぞごゆっくりご覧ください。


by Kei Chang