最後の夏

Cathay 543, wind 190 degrees 15knots, Runway 16R, Cleared for takeoff.

羽田空港国際線のサテライトターミナルから出発したジャンボは、L-10 TWYから滑走路に入る。Runway 16Rから離陸する場合、Runway 22との井桁運用を行っている影響で、Full LengthでのTakeoffを許されない。A滑走路は3000mあるにも関わらず、2440mしか使えないのだ。(2440mって中規模ローカル空港の滑走路よりも短いのよ)

少し難しい話になるが、気温が上がると空気密度が低くなり、その分エンジンに空気を取り入れられないことから性能が下がる。そして空気密度が低くなると揚力も生まれにくくなる。夏場は飛行機にとって辛いのだ。

そんな状況下であっても、エンジンを4つ積んで、大きな主翼を持ったジャンボジェットは力強く離陸する。

c0285655_18274320.jpg

キャセイのジャンボにとって、最後の夏になった。
豪快な離陸を展望デッキから見ることができるRunway 16R Departureはあと何回見られるのだろうか。

夏場は陽炎酷いし、羽田の背景って工場ばかりであんまりよくない。デッキからの撮影になると他機のブラストやAPUのせいでメラメラ喰らいやすい。でも、最後の夏だから、時間の許す限り、納得いく写真を撮れるまで、通い続けるよ。


鉄道・飛行機カメラ



[PR]
by kei_chang_2013 | 2016-08-05 18:38 | 飛行機

kei chang's PHOTO LIFEへようこそ。ここは、飛行機を中心とした乗り物、空や街、そして食べ物を紹介するブログです。どうぞごゆっくりご覧ください。


by Kei Chang